ボーカルレッスン体験談 音程が取れない私

ボーカルレッスン成長記録と雑記

ボーカルレッスン_最初の課題曲

こんにちは!

isojiです。

 

わたしの初めての課題曲は、NEWSの「さくらガール」でした。

ジャニーズか!っと、思いましたか?

アイドル侮るなかれですよ(笑)

SMAP、嵐以外にも、素晴らしい曲たくさんありまよ。

とは言え、わたしもジャニーズを歌いたいと言うのは恥ずかしかったwww。

いい歳して、アイドル好きですから。

でも、先生のどんな曲でも、好きな曲を歌えば良いですよの一言と優しい笑顔が、気恥ずかしいわたしの背中を押してくれました。

 

先生は「さくらガー」を知らなかったので、YouTubeでNEWSが歌っているのを、見ることから始めました。

わたしにとっては、散々自宅で見ているYouTubeも、先生と並んで見ると新鮮です。

先生は、先ず「さくらガール」の歌詞を書くこを勧めてくれました。

歌詞を書くことで、飽きるほど聴いた曲でも違う感情が生まれます。

「さくらガール」は、失恋の歌なので、歌詞も切なく、桜が舞い散る風景を映しています。

書いてみたら、照れましたwww。

改めて素敵な歌詞だなって思いました。

初恋が終わる歌なので、青春って感じです。

先生には、歌う時に、歌の世界を心に描く様にすると良いとアドバイスを貰いました。

これは、ただ上手く歌うのではなく、ちゃんと感情のこもった歌を歌って欲しいから。

でも、歌の世界を思い浮かべるって、案外難しいんですよ。

歌いなれた「さくらガール」でも、改めると心に描けなくて、気が付くと目の前の歌詞ばかり追っていて、世界観が浮かばない!

いかにカラオケで、丁寧に歌ってなかったのか、身に沁みました(笑)

 

そして、いつもの通り音程がちぐはぐ。

わたしは、細かいリズムが上手く歌えなくて、どんな曲でも必ず歌えない箇所があるんです。

最初は、先生にわたしが上手く歌えない理由を説明するのも、四苦八苦でした。

だから、リズムがどう苦手なのか、なぜカラオケが下手なのか、先生も読み取れなかったみたいです。

だから最初の6カ月は、ひたすら発声とリズムの取り方をメインに教わりました。

わたし自身も、基礎が大事だと考えていたので、今思えば良かったです。

2019年3月からの授業から、カラオケ採点の改善メッセージから、音程を中心に習う方向へ方向転換しました。

そして、音程を取るために楽譜を買いました。

楽譜は、同じNEWSの「ヒカリノシズク」です。

 

「さくらガール」「ヒカリノシズク」を聴いた先生の感想は、NEWSは難しい歌を歌ってるでしたwww。

音痴のわたしには、レベルが高い課題曲だったようです。

でも、頑張ります。

でも、先生に教えて貰った成果は、確実に出てきてます。

「さくらガール」は、全国平均を上回ることが増えました。

「ヒカリノシズク」は、60点台から70点台になりました。

千里の道も一歩からです!

成果があり、ますます楽しいと感じる今日この頃。

 

2019.03.25 isoji